セカンドレベル

1.教育目的

  1. 第一線監督者または中間管理者に求められる基本的責務を遂行するために必要な知識・技術・態度の習得をする。
  2. 施設の理念ならびに看護部門の理念との整合性をはかりながら担当部署の看護目標を設定し、その達成をめざして看護管理 課程が展開できる能力を高める。

2.開催期日

研修日時:平成29年7月3日(月)~平成30年3月頃まで 32日間 9:30~16:30

講義期間:平成29年7月3日(月)~平成29年9月30日(土)
実践期間:平成29年10月~平成30年3月頃(看護管理実践報告会も含める)
開講式 :平成29年7月3日(月) 受付・開講式開始時間については、後日通知いたします。

3.受講要件

  1. 日本国の看護師免許を有する者
  2. 看護師免許を取得後、実務経験が通算5年以上ある者
  3. 下表のNo.1~3のいずれかを満たしている者
No. 要件 必要書類(添付する)
1  認定看護管理者研修ファーストレベル教育課程を修了している者 ファーストレベル教育課程の修了証書または修了証明書の写し
看護部長もしくは看護部長に相当する職位にある者 左記職位に関する勤務証明書(様式6)
副看護部長もしくは副看護部長に相当する職位に1年以上就いている者 左記職位に関する勤務証明書(様式6)

※受講要件3)No.2~3の要件に該当する者は、勤務証明書の「1.在職期間」「2.職位」両方に記載してください。

4.募集定員

30名

5.経費

受講料(教科目レポート審査料を含む)

会員:180,000円  非会員:270,000円
※ 受講料は、受講決定通知に同封される振込用紙を使用しての全納振込みになります。
※ その他、テキスト代・コピー代等は各自の実費負担とします。
※ 修了審査及び修了証書発行にかかる経費(修了通知・修了証書通信費を含む)および再レポート提出の際は再審査料が、別途かかります。

6.申込方法

下記の書類を揃えて期限を厳守して申込んでください。

  1. 必要書類    ※必ず原本を提出する。FAX・コピーは不可。

    (1)セカンドレベル教育課程受講申込書(様式4)
    (2)勤務証明書(様式6)
     ※看護師免許を取得後、実務経験通算5年以上が証明可能な施設での証明書に限ります。
    (3)看護師免許の写し
    (4)受講要件「3.」のNo.1~3の要件のうち該当する必要書類

  2. 申込期間

    平成29年4月3日(月)~5月19日(金) 17:00必着

  3. 申込方法

    下記申込先宛に郵送または持参

  4. 申込先

    〒400-0807 甲府市東光寺2−25−1 
    公益社団法人山梨県看護協会 認定看護管理者制度事務局
    TEL:055-236-5050

申込用紙ダウンロード
作成方法 受講申込書 勤務証明書
様式を印刷して手書きで記入(PDF) pdf-) 様式4
pdf-) 様式6
様式をダウンロードしてPCで入力(Word)
※灰色の個所を入力・選択して作成
 様式4
 様式6

7.受講者選考方法

認定看護管理者教育運営委員会において、以下の選考基準に基づき書類審査を行い、受講者を決定する。

選考基準
  1. 受講要件を満たしている
  2. 提出書類に不備がない
  3. 受講動機(または看護管理に関する課題)が明確に示されている
  4. 定員超過の場合は以下の基準を優先する
    ・管理者としての経験年数
    ・県内受講者

8.選考結果の通知

認定看護管理者運営委員会にて受講者選考を行った後、平成29年6月中旬までに、所属長宛て(個人の場合は個人宛て)に、受講決定通知を送る。受講審査により、受講不可となった者には、所属施設に文書で通知する。なお、所属施設がない者には、本人に直接通知する。

9.修了要件

  1. 出席時間が各教科目4/5以上である。
  2. 各教科目レポートの評価が、「A」「B」「C」「D」4段階の「C」以上である。

10.修了審査

認定看護管理者教育運営委員会において、修了要件「1.」「2.」を満たしているかを確認して修了の可否を審査する。

11.その他

  1. 参考テキストは看護管理学習テキスト1~8(日本看護協会出版会)になります。
  2. 講師からの参考図書等については必要に応じて連絡します。
get_adobe_reader
資料はPDFファイル形式になっておりますので、ご覧になる場合はAdobeReaderが必要です。
トップに
戻る