認定審査受験資格要件の変更に伴う教育課程受講要件の変更について

重要なお知らせ 2013年05月01日

その1 ☆認定看護管理者教育課程 受講要件が変わります

2012年7月26日、日本看護協会理事会において下記のとおり、日本看護協会認定看護管理者規程及び細則が改正されました。

≪改正点≫
認定看護管理者の認定審査受験資格要件について、保健師及び助産師免許取得の要件をなくし、看護師免許のみとする。

これに伴い認定看護管理者教育課程の受講要件を変更し、2013年度より適用しております。

nintei_kanri

その2 ☆認定看護管理者認定審査受験資格要件がが変わります。

受講機会を得ることが難しい現場の管理者や大学院で看護管理課程修了者に認定審査受験資格の枠を拡大するために導入された要件1~6ですが、以下の理由から受験資格要件が変更になります。

  1. サードレベル教育課程教育機関が2002年の1課程から2010年には13課程に増加し、看護学大学院も2002年の53校から2009年には118校に増加していること
  2. 要件2,3の受験者のうち、セカンドレベル・サードレベル修了者が全体の8割を占めること
  3. 認定審査受験にあたり、看護部長相当または副看護部長相当の職位にある者も認定看護管理者教育課程を修了していることが望ましいこと
    jna-2
トップに
戻る