平成29年度 看護師職能交流集会を開催しました

 平成29年7月7日、看護師職能交流集会を開催いたしました。104名と多くの方に参加して頂きました。

 平成28年度の事業報告及び平成29年度の事業目標等の報告を致しました。今年度は「私の大切にしている看護の心、看護の魅力」をテーマにパネルディスカッションを行いました。まず、座長よりパネリストの発表の前に、「看護の魅力」についてのペアワークが実施され、パネリストの発表内容をより意識して聞く準備ができアイスブレークにもなりました。
 パネリストは急性期病棟、回復期病棟、訪問看護ステーション、介護老人保健施設から4名の方に所属する施設の紹介と看護の特徴を説明の後、それぞれが大切にしたい看護、看護の魅力についてお話し頂きました。
 午後からのグループディスカッションでは、「語り合おう!看護の魅力」について、司会・書記も決めずに自由に語り合いました。グループ発表では、「理想とする看護ができていないと悩むことがあったが、パネリストの発表を聞いて、日々の業務に意味を見出し、日々内省していくことが看護を考えることであり、そうすることが魅力を見出すことに繋がると考えられた」など多くの意見が出されました。最後、座長によりまとめがされ、看護って何すること?日頃目指す看護が実践できている?と問いかけられました。今回自主的な参加でなかった方も、この学びや感じたことを自部署に持ち帰り伝達して頂きたい。また、是非語り合っていただきたいことが伝えられ、終了しました。
 看護師職能委員会では、今後も心が動かされるような研修を企画して参ります。ぜひ多くの職能の皆さんの参加をお待ちしております。また看護協会への入会も随時受け付けております。

トップに
戻る