平成30年度 保健師職能交流集会を開催しました

開催日

平成30年7月7日(土)13時30分~17時

講義

「実践においての対象との出会い方 ~保健師に期待すること~」

講師

社会福祉法人子どもの虐待防止センター評議員
日本子ども虐待防止学会理事
とよたまこころの診療所長 鷲山 拓男 先生(精神科)

報 告
今回の保健師交流集会は、変革期にある保健師活動について、保健師の仕事、専門性を再確認する機会となり、88名の参加がありました。
職能委員長あいさつ

熱く語る鷲山先生
鷲山先生より、住民の健康を守ること 援助を拒否する人にも、問題を否認する人にも健康な生活を営む権利がある。援助関係を形成し、地域の援助資源を活用し、家族全体を見る。予防の実践者である。指導ではなく支援すること。住民の信頼があってこその活動である等エビデンスを示した熱意のこもった講義をいただきました。
講義終了後、限られた時間ではありましたが、グループワークを行い、受講者からは、日頃の活動を振り返り反省、指導ではなく支援、やっていたことがこれで良かったと思えた、元気をもらえた等の感想がありました。
グループワーク
トップに
戻る