【報告】看護師職能委員会(領域Ⅱ)出前研修 H30.11.13

担当:山本 和子
 

 

 平成30年11月13日(火)16時から『特別養護老人ホーム ヒルズ勝沼』にて、テーマ「接遇」の出前研修を行いました。講師の特別養護老人ホーム笛吹荘 柴田愛美 様によりスタッフの身だしなみや態度、また利用者への対応の仕方など基本からお話しをして頂きました。実際に座り方、立ち方なども行い、お互いに確認する場面も見られました。

 今回の受講者は看護師5名、介護職員13名、相談員・ケアマネジャー1名、事務職2名、管理者1名でした。受講された方からは、“自施設は終の棲家として生活して行く為、心地良い関係が必須と考えている、今回振り返る機会となった”と好評を得ました。


講義の様子

講義の様子

 

 なお講義前には、出前研修は看護協会の支援によるもので、看護師職能委員会領域Ⅱの発展を目指していること、看護協会への入会は研修機会を得るだけでなく、職能団体によって看護師自身が守られるという点などもお話ししました。領域Ⅱの発展のためにも看護協会への入会をお待ちしております。

トップに
戻る