【報告】看護師職能委員会(領域Ⅱ)出前研修 H30.11.29(山中湖あんずの森)

担当:中川 百合子

 平成30年11月29日(木)、午後6時半から“介護老人保健施設山中湖あんずの森”にて、健康科学大学の渡邉美樹先生を講師に、テーマ「日常ケアの自信につながるフィジカルアセスメント」の出前研修を行いました。参加者は看護師7名と少ない人数でしたが、フィジカルアセスメントの基本的なところからの講義は、非常に分かりやすい内容でした。

 実際に聴診器を使用してお互いの呼吸音を聞く実技もあり、患者から得た情報を共通認識し、看護師間で共有することが必要であるとの話に、フィジカルアセスメントの必要性を改めて理解することができました。


演習と情報共有

 なお、講義前には看護師職能領域Ⅱの活動報告、看護協会の説明、入会の案内を行いました。看護領域Ⅱの発展の為にも一人でも多くの方の看護協会への入会をお待ちいたしております。

 領域Ⅱの出前研修報告へ
トップに
戻る