【報告】看護師職能委員会(領域Ⅱ)出前研修 H30.12.20(高齢者福祉施設フェリーチェ上野原)

担当:中川 小百合

 平成30年12月20日18時から高齢者福祉施設フェリーチェ上野原において「ノロウイルス対策~感染対策の基本~」をテーマに、講師の上野原市立病院 感染管理認定看護師の山田かつみ先生による出前研修を実施しました。参加者は、看護師5名、介護士、事務職員他25名の計30名でした。


講義の様子

演習の様子(嘔吐物処理)

 前半は、資料を基に、感染予防の基礎について講義が行われました。後半は、4グループに分かれ、嘔吐物処理の仕方について、施設で用意した模擬嘔吐物と嘔吐物処理セットを使用して演習が行われました。嘔吐物処理に使用する用具は、セットになっているものの普段使用していないため、実際に使ってみると不足物品の確認をすることができました。また、処理方法をグループメンバーで確認しながら実施することで、手順の再確認をすることができたと思います。これからの季節は、感染症対策に注意が必要な時期となるため、受講者にとって、非常に学びの多い講義となりました。

 

 なお、講義前には、看護師職能委員会領域Ⅱの活動内容報告と、看護協会の説明、入会のお誘いを行いました。看護協会への入会をお待ちいたしております。

 領域Ⅱの出前研修報告へ
トップに
戻る