【報告】令和元年度 看護師職能交流集会を開催しました

開催日

令和元年6月27日(木)

パネルディスカッション テーマ

理想とする看護の実現に向けて ~輝き続けるために~

報 告

 令和元年6月27日(木)、看護師職能交流集会を開催しました。71名の方に参加していただきました。

 まず、平成30年度の事業報告及び令和元年度の事業目標等の報告を致しました。その後、今年度は「理想とする看護の実現に向けて ~輝き続けるために~」をテーマにパネルディスカッションを行いました。パネリストは、県立中央病院、介護老人福祉施設トリアス、株式会社「洗心」、デイサービスセンター「さくらんぼ」で活躍されている4人の方で、それぞれの立場からご発言を頂きました。急性期病院で新たに入退院センターを中心となって立ち上げたことや福祉施設の中で理想の看護を実践してきたことまた、地域の中で理想とする看護を目指して株式会社を設立した経緯、福祉の分野で看護師がトップになって経営やマネジメントに取り組んできたこと等、経験に基づいた内容でした。看護師としての思いや起業をしようとした動機なども具体的に話して頂き、会場からは「元気をもらいました」「一歩踏み出す勇気をもらえた」などの感想が出されました。


職能委員会代表者あいさつ

パネルディスカッション

 理想とする看護の実現は、「看護を語ること」「自分の価値観を大事にすること」から一歩が始まることを、輝き続けているパネリストの発言を通して確認することが出来、交流集会を終了しました。

 看護師職能委員会では今後も心が動かされるような研修を企画して参ります。ぜひ多くの皆さんの参加をお待ちしております。また看護協会への入会も随時受け付けております。

トップに
戻る