会長あいさつ


公益社団法人 山梨県看護協会
会長  古屋 玉枝

令和2年度 ごあいさつ

令和2年度の総会を終え、新たな役員も加わり、事業を推進しています。
今年度は、5つの重点事業を中心に取り組みます。

    1. 地域包括ケアにおける看護提供体制の深化
    2. 看護の質の向上を図るための人材育成
    3. 看護職の働き方改革の推進
    4. 災害支援看護活動の推進
    5. 魅力ある看護協会活動の推進

を重点事業としました。

また、新規事業として

    1. 看護師のクリニカルラダー推進に向けた情報交換会の実施
    2. 小児訪問看護師育成研修
    3. 看護職の健康と安全に配慮した「労働安全衛生ガイドライン ヘルシーワークプレイス」の施設への周知
    4. 看護師基礎教育4年制化の促進のための情報交換会の実施
    5. 県民向けリーフレット作成と活用

の5つを計画いたしました。

今年度は、これまでに経験したことのない「新型コロナウィルス感染防止対策」をしっかりとりながらの事業推進となります。
今年度も、昨年度にも増して多くの看護職者に入会していただき、会員の皆さま、看護協会をご利用の皆さまのご理解とご協力をいただきながら、強力に事業を進めてまいりまたいと思います。どうぞ、よろしくお願いいたします。

山梨県看護協会 会長 古屋玉枝

    1.  
トップに
戻る