保健師職能委員会

平成30年度 研修のお知らせと報告

研修名 開催日 状況 報告 お問い合わせ先
第2回保健師職能研修会 H31.2/16(土)

H31.1/15(火)
=== 山梨県看護協会 事務局
TEL:055-226-4288
FAX:055-222-5988
助産師出向事業・三職能合同研修会 11/5(月) ===
保健師職能研修会 10/20(土) 報告
交流集会 7/7(土) 報告

 

平成30年度

委員の紹介 

  氏名 所属
委員長 霜村 信子 中北保健福祉事務所
委員 山﨑 洋子 健康科学大学
委員 雨宮 久美子 甲州市役所
委員 早川 弘晃 中北保健福祉事務所峡北支所
委員 横山 千栄美 南アルプス市役所
委員 梶原 眞由美 富士河口湖町役場
委員 早川 泰子 石和温泉病院クアハウス石和
委員 上杉 彩夏 甲府市役所
委員 望月 紀子 身延町役場

 

活動目標

  1. 保健師の専門性を発揮するための自己研鑽への支援
     疾病構造の変化、少子・高齢化の進展、地域コミュニティの脆弱化、地域包括ケアの推進等が求められ、保健師以外の多職種が地域で活動する等保健師を取り巻く環境は、大きく変化している。
     平成24年に「地域保健対策の推進に関する基本的な指針」の改正、平成25年「地域における保健師の活動について」の見直しがされ、「保健師に係る研修のあり方等に関する検討会最終とりまとめ」が平成28年発出された。
     大きく社会が変化する中、受け持つ地域・集団に責任を持ち、時代・地域の特性を踏まえた保健師活動を切り拓き、その専門性を各現場で発揮できるよう引き続きネットワークの推進を図るとともに自己研鑽への支援を行う。

    1. ) 県下の保健師が集まり、改めて保健師の専門性や求められる役割を考え確認する場とし保健師交流集会、保健師職能研修会を実施する。また、社会の課題を踏まえ他の看護職種との連携を行う中、研修会を行う。
    2. ) 研修について看護協会教育部と連携を図る。
    3. ) グループ活動へのメンバー加入推進等の支援のほか研究発表などの機運が高まるよう支援する。
  2. 保健師の連携強化・ネットワークの推進
    交流会、研修を通じ行政、産業、教育、医療、福祉等各分野に働く保健師の連携推進が図れるよう企画実施する。また、日本看護協会、山梨県看護協会の情報、委員会活動状況をスムーズに伝えるとともに、会員のニーズ把握、課題集約に努め、連携・ネットワークを図る。

 

保健師 グループ研究の取り組みについて

保健師の質の向上を目指した自己研鑽の場として、県内保健師グループの活動を紹介します。
あなたも参加してみませんか。
※初めて出席する場合は、事前に連絡をお願いいたします。連絡先につきましては、お近くの保健師職能委員におたずねください。 


※上記画像をクリックするとダウンロードできます

 

研修報告 (平成29年度)

研修名 開催日 報告
三職能研修会 12/16(土) 報告
トップに
戻る