山梨県看護職員修学資金について

貸与の目的

看護学校や短大・大学の看護学科に在学する者で、卒業後、山梨県内の指定された病院などの施設で看護職員として働く意志を持つ者に、県が無利子で修学資金を貸与し、学生の修学を容易にすることにより、看護職員の確保及び資質の向上を図ることを目的としています。

貸与の概要

(1) 貸与の対象となる者

看護学校や短大・大学の看護学科に在学する者で、卒業後、山梨県内の指定された病院などで看護職員として働く意志を持ち、在学する学校の推薦を受けた者。

(2) 貸与月額

  1. 保健師、助産師、看護師を養成する課程で学ぶ者
    国公立の学生  月額 32,000円
    私立等の学生  月額 36,000円
  2. 准看護師を養成する課程で学ぶ者
    国公立の学生  月額 15,000円
    私立等の学生  月額 21,000円

(3) 貸与期間

正規の修業期間を上限とします。

免除制度

卒業時に受ける資格試験に合格し、卒業後すぐに山梨県内の指定の病院などの主な施設で看護職員として、5年間続けて勤務した場合、貸与を受けた修学資金の全額、または半額が免除になります。

(1)条件を満たす場合、貸与を受けた修学資金が全額免除になる病院などの主な施設

  1. 病床数が200床未満の病院
  2. 精神病床数が病床数の80%以上を占める病院
  3. 診療所
  4. 重症心身障害児施設(あけぼの医療福祉センター)
  5. 介護老人保健施設
  6. 訪問看護事業所(3年以上の実務経験の場合に限ります)
  7. 産科又は産婦人科を有する病院(助産師として看護職員の業務に従事する場合に限る)

(2)条件を満たす場合、貸与を受けた修学資金が半額免除になる病院などの主な施設

法律などで看護職員を置くことが定められている山梨県内の施設(病床数が200床以上の病院等)
※免除にならない残りの半額は、卒業後、返還することになります。

返還

次のいずれかに該当する場合には、貸与を受けた期間と同じ期間で修学資金を返還することになります。

  1. 修学資金の貸与契約を途中で解除されたとき
  2. 卒業時に受けた資格試験に不合格だったとき
  3. 免除を受けられる施設に勤務しなかったとき(保健所・学校の養護教諭・山梨県外の病院など)
  4. 免除を受けられる施設で規程の期間勤務しなかったとき
  5. 貸与を受けた修学資金の半額が免除になる施設に勤務したとき

お問い合わせについて

実施主体

山梨県

お問い合わせ先

山梨県福祉保健部 医務課 看護担当
TEL:055-223-1484

その他

(1)看護職員

看護職員とは、保健師・助産師・看護師・准看護師のことを指します。

(2)大学院

大学院に通う人のための修学資金もあります。
ただし、この説明に記載されている内容とは異なる点があります。(貸与月額と免除を受ける条件が異なります)

トップに
戻る