看護職の皆様へ

令和3年度 認定看護管理者教育課程ファーストレベルフォローアップ研修を開催します

看護職の皆様へ 2022年01月17日
目的
    1. グループ討議を通じて、ファーストレベルで作成した「対応策立案の計画書」に基づいて実践した過程や成果を振り返り、今後の方向性を見出す。
    2. ファーストレベル修了後、自分の中でどのような変化があったのか話し合うことにより、学びを共有することができる。
    3. 『看護管理者』として目指すべき姿がイメージできる。
対象者

R1・R2・R3年度認定看護管理者教育課程ファーストレベル修了者

開催方法

来館・オンライン(Zoom)によるハイブリッド開催

研修内容
    1. 講義
      「看護管理者としての実践:組織分析について」
      講師:医療法人徳洲会 白根徳洲会病院 認定看護管理者 副看護部長 佐藤あけみ先生
    2. 実践報告、グループワーク
      ファーストレベル研修後に実践した取り組み、課題の共有を行い、管理実践のあり方のついて考える
      グループワークアドバイザー:認定看護管理者教育運営委員
日時

令和4年2月22日(火)9時30分~15時30分
※講師と相談にて変更する場合もあり

参加費

無料

場所(来館の場合)

山梨県看護協会 看護教育研修センター 3階大研修室
pdf 周辺地図

開催要項

pdf 開催要項(357KB)

事前課題の提出について
提出期日 令和4年2月16日(月) 17時(必着)
提出方法 メール(送信先は下記のメールアドレスまで)
提出内容 統合演習Ⅰで立案した「対応策立案の計画書」の進捗状況を評価したもの
様式 pdf 看護管理実践報告書の書式について(400KB)
申込期限

令和4年2月14日(月) 17時(必着)

申込方法

お申込みページ にて必要事項を入力し、お申し込みください

お問い合わせ・事前課題の送信先

公益社団法人 山梨県看護協会 教育部
〒400-0807 甲府市東光寺2丁目25-1
TEL:055-236-5050
FAX:055-236-6060
E-mail:kyoikubucho★yna.or.jp
(※スパムメール対策のため、「★」を「@」に置き換えてください)

医療機関等と訪問看護ステーションの連携を考える交流会を開催します

看護職の皆様へ 2022年01月11日

※「医療機関等と訪問看護ステーションの連携を考える交流会」 は、新型コロナウイルス感染症による感染の拡大に伴い、Zoomでの開催へ変更になりました。


※クリックするとPDFファイルがダウンロードできます

日時

令和4年1月27日(木)18時30分~20時
※受付:18時10分~

開催方法

Web会議システム「Zoom」によるオンライン開催
※新型コロナウイルス感染症による感染の拡大に伴い、Zoomでの開催へ変更になりました。

開催要項

pdf 実施要項(386KB)

対象者

甲斐市・中央市・昭和町の医師・看護職・介護支援専門員等の在宅療養関係者

定員

50名

受講料

無料

申込期限

令和4年1月14日(金)

申込方法

新型コロナウイルス感染症による感染の拡大に伴い、Zoom開催となりましたので、ホームページからのお申し込みとなりました。

 <こちら> よりお申し込みください

お問い合わせ

山梨県看護協会
山梨県訪問看護支援センター
TEL:055-225-3035
FAX:055-222-5988
e-mail:h-support-c★yna.or.jp
(※スパムメール対策のため、「★」を「@」に置き換えてください)

新型コロナウイルスワクチン接種業務に従事する医療職の被扶養者の収入確認の特例の延長について(厚生労働省事務連絡)

看護職の皆様へ 2021年12月09日

厚生労働省から新型コロナウイルスワクチン接種業務に従事する医療職の被扶養者の収入確認の特例の延長について、情報提供がありました。

詳細は以下のリンクをクリックし、ご確認ください。

【厚生労働省】新型コロナウイルスワクチン接種業務に従事する医療職の被扶養者の収入確認の特例の延長について

トータル・サポート・マネジャーフォローアップ研修レポート等提出様式について

看護職の皆様へ 2021年11月02日

TSM活動報告書、TSMレポート用紙、事例検討会用シートを掲載しました。
期日までに提出をお願いします。

【 提出先アドレス tsm@yna.or.jp  担当:中村 】

  提出様式 提出期限
TSM活動報告書(13KB)
【参考】TSM活動報告書(例)(110KB)
2022年1月31日(月)
TSMレポート(50KB) 2022年1月31日(月)までに1回
3 事例検討会用シート(49KB) 対象者のみ事例検討会1週間前まで

令和3年度 職能交流集会資料を掲載します

看護職の皆様へ 2021年06月30日

令和3年7月に開催される職能の交流集会資料を掲載いたします。
 保健師職能交流集会…7月10日(土)
 助産師職能交流集会…7月15日(木)
 看護師職能交流集会…7月3日(土)

令和3年度 交流集会資料(2MB)

看護職のたばこ対策委員会の紹介動画を作成しました

看護職の皆様へ 2021年05月20日

山梨県看護協会看護職のたばこ対策委員会がどのような目的や目標のもと、どんな活動を行っているのかを紹介した動画を作成しました。どうぞご覧ください。

注意事項

限定公開の動画ですので、視聴はこのページでのみお願いします
画面には「共有」機能が表示されていますが、ブログやSNSへの共有は絶対におやめください
画面を大きく見たい場合は、埋め込み画面の右下に表示される「全画面表示(四角のようなアイコン)」をクリックしてください
全画面表示を終わるときは、「ESC(エスケープキー)」を押すと戻ります
音声が聞き取りづらい場合は、音量ミキサーで音量を調節する、イヤホンで聞くなどで対応してください

令和3年度 新人訪問看護師教育研修の開催について

看護職の皆様へ 2021年04月26日

 訪問看護未経験の新卒看護職員、潜在看護職員、医療機関等から転職した看護職員で、採用後2年目までの方を対象に、訪問看護に必要な専門的知識・技術の習得を目的として研修を開催いたします。詳細は要項をご覧ください。

令和3年度 新人訪問看護師教育研修要項(146KB)

申請書・記録用紙【記載例】(285KB)

令和3年度 新人訪問看護師教育研修 様式1・4~6号 Word版(45KB)
令和3年度 新人訪問看護師教育研修 様式1・4~6号 PDF版(210KB)

ナースセンターよりお知らせ

看護職の皆様へ 2021年04月23日

 復職をお考えの看護職の皆様へ

◆潜在看護職員復職支援研修事業

復職を考えている看護職のみなさん!復職に必要な最新の看護について、病院や訪問看護ステーションでの実務研修をしてみませんか?研修は年間通じて随時受け付けております。

 詳しくは「潜在看護職員復職支援研修」のページへ

◆ハローワーク巡回相談

看護職の復職希望者に対する巡回相談を県内のハローワーク(甲府・韮崎・塩山・鰍沢・富士吉田・大月・都留)において行います。就労環境や就業内容等について専門的な相談を行ったり、ナースセンターが行っている事業のご紹介やナースセンターが有する求人情報提供などを行います。
お近くのハローワークにぜひお越しください!

詳しくは「ハローワーク巡回相談」のページへ

 

看護職の心の健康相談のご案内

当ナースセンターは、看護職として就業している県内すべての看護職を対象に、仕事に関する悩みや不安を気軽に安心して相談できるよう、臨床心理士による相談窓口を設置しております。ひとりで悩まず、お気軽にナースセンターへご相談下さい。

詳しくは「看護職の心の健康相談」のページへ

令和3年度 新人訪問看護師採用育成研修助成金の交付について

看護職の皆様へ 2021年04月15日

 今年度も指定訪問看護事業所における新人訪問看護師の採用育成に必要な経費の一部に対して、助成金を交付いたします。詳細は、要綱をご覧ください。

要綱(PDF)

  記載例 手書き用
(PDF)
PCで入力用
(Word/Excel)
申請書一式
ふり返り記録用紙 記録用紙(Word)
チェック表(Excel)

※記載例は令和2年度で説明させていただいております

2020年度 医療安全調査結果を掲載します

看護職の皆様へ 2021年02月17日

2020年度 医療安全調査結果 

安全推進委員会

1.目的

 当協会安全推進委員会では、例年、医療安全交流会を協会内で開催をしてたが、現在、新型コロナウィルス感染症の感染拡大により、集合して密になることが感染の要因となるという事から、集合することは中止とした。
 今までの交流会で各施設より困っていることとして、医療安全対策地域連携加算について、また、院内医療安全研修の企画がうまくできない等の声が多く聞かれてたことから、この調査により、医療安全対策地域連携加算の活用を広められることと、院内研修会の実態と困っていることを調査し、情報を共有することで、医療安全に関わっている看護職の方たちが、今後、稼働する上での参考になり、施設ごとの現状を把握することができることを目的とした。

2.方法

1)調査対象:山梨県内60病院 医療安全に関わる看護職
2)調査期間:2020年9月から10月
3)調査方法:調査用紙の作成を行い、看護管理者に郵送し、医療安全に関わる看護職に記載をお願いした。返信用封筒を同封し、回収した。
4)調査内容:別紙 調査用紙参照

3.結果

回収率:46病院/60病院中  76%
調査項目を「100床未満」、「200床未満」、「200床以上」の3つに分け整理した。
結果は、別紙参照とする。

4.まとめ

 新型コロナウィルス感染症の感染拡大により、研修企画が思うようにいかないことは共通しているので、意見をいただき、共有していきたい。
 医療安全管理者が7人という少ない結果となり、2021年度、当看護協会では、日本看護協会と協働して「 医療安全管理者養成研修」を開催する事にした。すでに日本看護協会のホームページに掲載されているが、詳細を当協会のホームページに掲載することと、募集をかけていくので是非、参加していただきたい。また、加算を取っている施設も少ないことから、この研修に参加することにより、GRMとしての役割を果たせる看護職を養成し、医療安全の組織作りに活かせるようにしていただきたい。当協会の安全推進委員会は、これからも、医療安全に関する施設の情報共有ができるよう、活動する。加算に関して、取得している施設の情報、加算Ⅱについては、連携が取れる施設の情報が得やすくなるように委員会として検討していきたい。
 困っていることへの解答は、それぞれの施設から得られた情報を参考にしていただき、調査内容について確認したい事がある場合は、看護協会にお問い合わせいただきたい。

以上

トップに
戻る