【H30-0522】看護研究…それは、看護のあくなき探究(実践編)

看護研究…それは、看護のあくなき探究(実践編)

開催日 平成30年5月22日(火)
平成30年6月18日(月)
平成30年7月27日(金)AM
平成30年9月3日(月)AM
以降は3月まで演習支援者と相談し、半日ずつ6回演習
(最後の1回は3月に全体で成果報告会)

研修終了後も継続して指導が必要な場合は、山梨県立大学看護実践開発研究センターでも、発表まで継続して指導を受けることができます。(別料金)
※センターでの指導には人数制限があります。
※詳細は山梨県立大学看護実践開発研究センターホームページをご参照ください。

講師 平田 良江(山梨県立大学 看護学部 母性看護学・助産学領域 准教授)
宮村 季浩(山梨大学大学院総合研究部 健康・生活支援看護学講座 教授)
[演習支援者]
西村 明子(山梨県立大学 看護学部 基礎看護学領域 准教授)
内田 一美(元山梨大学大学院総合研究部 基礎・臨床看護学講座 基礎看護学領域 准教授)
山田 章子(山梨大学大学院総合研究部 基礎・臨床看護学講座 基礎看護学領域 講師)
坂井 郁恵(山梨大学大学院総合研究部 健康・生活支援看護学講座 精神看護学領域 助教・学内講師)
研修のねらい 看護研究に取り組むための基礎知識を学び、研究計画書を作成し、研究に取り組み、その成果や経過を報告できる。
ここがポイント 研究計画書作成から可能であれば実施・まとめまでを1年間かけて行うことを目的として企画しました。現場で研究の指導が得られにくい方に向いています。前半は集合研修で研究の基礎知識・文献検索方法などを学び、後半はグループ演習で研究計画書作成を進め、実践につなげていきます。グループ演習は少人数制で大学教員が担当者となり計画作成から分析・まとめまでしっかりサポートします。3月には成果や経過を発表する報告会を行いまとめとしています。「統計の基本」の講義もあり、グループ別演習で他受講生の研究も参考にしながら、1年間かけて看護研究をトータルに学ぶことができます。
※報告会には、受講者の皆さんの取り組みの成果を聴いていただくため、所属施設の管理者をお招きします。
定員 25名
受講料 会員:15,000円 非会員:30,000円
無料受講券 使用できません
クリニカルラダー 看護研究Ⅱ
申込期間 4/2(月) ~ 4/26(木)
申込書 pdf 様式1 様式3
word 様式1 様式3

お問い合わせ先

公益社団法人 山梨県看護協会 看護教育研修センター 教育部
〒400-0807 甲府市東光寺2丁目25-1
TEL:055-236-5050

駐車場について

山梨県看護協会へお車でお越しの際は、駐車場ご利用にあたり下記の点にご注意いただけますようお願いいたします。

山梨県看護協会駐車場案内図

get_adobe_reader
資料はPDFファイル形式になっておりますので、ご覧になる場合はAdobeReaderが必要です。
トップに
戻る