指定ゆうき居宅介護支援事業所

 指定ゆうき居宅介護支援事業所は平成12年の介護保険法の施行とともに、ゆうき訪問看護ステーションの併設として開設しました。
 平成18年からは専任の介護支援専門員を配置し、現在は専任5名、訪問看護師との兼務6名が在籍しています。訪問看護ステーションに併設という環境から、様々な医療の情報を迅速に得ることができます。利用者の方は何かしらの病気をかかえ、自分の体と向き合い療養しながら生活をしています。病気とうまく付き合って生活をする、自分らしく生活することを支援していきたいと思っています。医療の処置が必要な方もどのようにすれば安心して自宅で生活できるかを一緒に考えていきたいと思います。
 医療に関してばかりではなく、生活全般を考え、介護保険の認定を受けている方皆さんとともに、住み慣れた地域でその人らしく暮らせることを考えていくことを心がけています。また、特定事業所として地域にできることは何かも考えながら活動をしていきたいと思います。

令和元年度 活動目標

  • 利用者やその家族が安心して、その人らしく生活できるように支援しよう
    ・わかりやすい説明を心がけます
    ・望む暮らしを一緒に考えます
    ・最期までその人らしく生活することを支援します
    ・チームで、報告・連絡・相談する協力体制を取っていきます
  • 地域の皆様が健康を維持・増進できる支援をしよう
    ・多職種・他機関との顔の見える連携につとめます
    ・地域の皆様との交流につとめます
  • 働きやすい職場環境を維持しよう
    ・事務所内の整理・整頓、良い環境整備につとめます
    ・係りの活動に協力します
    ・気持ちの良い挨拶を心がけます

トップに
戻る