【開催報告】「第1回 訪問看護のしゃべり場」を開催しました

 長い梅雨が終わり、酷暑真っ只中の8月19日に第1回「訪問看護のしゃべり場」を開催しました。
 新型コロナウィルス感染症の感染が拡大する中にも関わらず、看護職3名、看護学生5名が参加してくれました。
 新卒3年目訪問看護師の宇佐美奈見さん(ゆうき訪問看護ステーション)、デイサービスの看護師から訪問看護師になった石田藍子さん(甲州市社会福祉協議会訪問看護ステーション)が、訪問看護師を選択した経緯や訪問看護の魅力を自身の言葉でわかりやすく伝えてくれました。その後、看護職と看護学生のグループに分かれて、「訪問看護に関して聞きたい・知りたいことをなんでも聞いてみよう」をテーマに交流会を行いました。
 看護職は、訪問看護ステーション就業を見据えているためか、具体的な質問が出ており、看護学生は、新卒では難しいと思っていたが、サポートがたくさんあると知り、選択肢の一つになったとの意見がきかれ、大変好評でした。
 第2回は12月9日に開催しますので、皆様のご参加をお待ちしています。


トップに
戻る