貢川訪問看護ステーション

貢川訪問看護ステーション

 平成6年4月山梨県看護協会第1号のステーションとして開設されました。貢川訪問看護ステーションには、開設当初からの経験豊富な看護師や認知症看護認定看護師、皮膚・排泄ケア認定看護師、緩和ケア認定看護師、トータル・サポート・マネジャーが在籍し、ご本人の意思を尊重しながら安心・安全に在宅生活が送れるように相談に乗りながら、質の高い看護を提供しています。日頃より質の高い看護が提供出来るように日々自己研鑽に励みELNEC研修(エンド・オブ・ライフ・ケアを提供する基本的知識)を受講終了し、利用者に寄り添った看護を行い、在宅看取りも希望に合わせて支援しています。お気軽にご相談下さい。

令和3年度 活動目標

  • 事業理念を各スタッフが意識し、活動しよう
    ・報告・連絡・相談をタイムリーに行い、利用者やご家族が望む生活を支えます
    近隣住民などへ広報活動を行い、健康相談や介護相談をお受けします

  • 自己研鑽に努めよう
    ・自己の目標に合わせて研修を受講し、スタッフと学びを共有します
    ・他職種と情報交換を行い、スタッフと共有します
  • 働きやすい職場環境に心がけよう
    ・挨拶・感謝・笑顔を忘れず、明るく働きやすい職場環境にします
    ・自分でスケジュールを立て、休暇を取りながら無理なく仕事ができるようにします
    ・各係を決め、活動に協力します

 

貢川訪問看護ステーションのご紹介

 

 

基本情報
所在地 〒400-0048 甲府市貢川本町12-10

TEL 055-223-1033
FAX 055-223-1036
Mail kugawast★atlas.plala.or.jp(※スパムメール対策のため、「★」を「@」に置き換えてください)
営業時間 9時~18時
職員数 訪問看護師:13名
事務員:1名
実施地域 ≪訪問看護事業≫
甲府市(上下帯那、上下積翠寺以東、平瀬町、古関町、梯町及び旧中道町を除く)、昭和町(清水新居、西条、西条新田及び押越)、 甲斐市(万才、篠原、玉川及び富竹新田)
≪居宅介護支援事業≫
甲府市(上下帯那、上下積翠寺以東、平瀬町、古関町、梯町及び旧中道町を除く)、昭和町(清水新居、西条、西条新田及び押越)、 甲斐市(万才、篠原、玉川及び富竹新田)
※訪問看護事業・居宅介護支援事業ともに、上記以外のエリアはご相談ください

 

サテライトぬくもりのご紹介

基本情報
所在地 〒409-2212 南巨摩郡南部町南部8050-1南部町医療センター内

TEL 0556-62-9268
FAX 0556-62-9269
Mail nukumori★atlas.plala.or.jp(※スパムメール対策のため、「★」を「@」に置き換えてください)
営業時間  9時~18時
職員数 訪問看護師:3名
事務員:1名
実施地域  ≪訪問看護事業≫
南部町
※南部町以外のエリアはご相談ください

 

 

認定看護師のご紹介

◆認知症看護◆認定看護師 薬袋富美子

はじめまして。
今年4月にゆうき訪問看護ステーションから貢川訪問看護ステーションに異動となりました、薬袋富美子と申します。
私は、2018年に認知症看護認定看護師の資格を取得しました。
半年間の教育課程の中で、認知症のある人を「認知症の人」とひとくくりにするのではなく、「認知症である前に、様々な人生を生きている「人」である」ことを、深く学ぶことができました。高齢化に伴い、認知症の人が今後増えてくると言われています。
認知症は怖い病気と思われがちですが、認知症になってもできることはたくさんあります。認知症の人の意思を尊重し、その人らしく生活することを多職種と協働しながら、実践していきたいと考えています。
まだまだ学習不足ですが、これからも自己研鑽を続け、学びを深めていきたいと思っています。

◆緩和ケア◆認定看護師 望月和子

緩和ケア認定看護師(右から2人目)
と鍼灸師の先生方

貢川訪問看護ステーションでは、定期的に緩和ケアに関する学習会を行っています。 薬剤師の先生に来て頂き、医療用麻薬の説明や副作用、新しい薬の使用方法や注意点など教えて貰い緩和ケアに関する学習会を定期的行うことで常に新しい情報を学んでいます。 がん患者の治療は西洋医学、東洋医学の治療が主として行われていますので、漢方の勉強会も行い、がん治療のためだけでなく化学療法の副作用の対策に漢方を使用する勉強も行っています。
貢川訪問看護ステーション看護師は現在ELNEDC―J(エンド・オブ・ライフケアや緩和ケアを提供する看護師に必須とされる能力習得のための系統的な教育プログラム)を17名受講し、がん患者様のみならず苦痛を抱える患者様に適切なケアを提供できるよう努力しています。
また緩和ケア認定看護師としては、他の訪問看護ステーションのコンサルテーションに伺い、スタッフと一緒にケアの方法など考えています。
このように多岐にわたり色々な勉強会を企画して患者様に真面目に誠実に心をこめた看護が提供できるようスタッフ一同考えております。

 

◆皮膚・排泄ケア◆認定看護師 後藤茂美

看護師を含め 多くの職種の方々への研修会も
行っております

私は【褥瘡(床ずれ)・人工肛門と人工膀胱(ストーマ)・排泄】を専門とする看護師です。
県内で初めて資格を取得してから、15年が経ちました。
【褥瘡】については、褥瘡を防ぐ方法やできた褥瘡をできるだけ早くきれいに治す方法をお伝えしています。
【ストーマ・排泄】については、装具や用品を使った適切な排泄の方法をお伝えしています。
“誰もがなるべく無理をしない”、療養者・家族の方々が“生活の中で無理なく継続できる”ケアを大切にしています。
「入院中はそれほど気にならなかったのに、退院して、いざ、家で生活をしてみたらどうしたらいいかわからなくなっちゃった。そうか、そうすればいいんだね。」という言葉を多くの療養者・家族方々からいただき、このことが私の喜びです。
住み慣れた環境で安心して生活を続けていただけるよう努めております。ご心配なことがありましたら、お気軽にご相談ください。

 

トピックス

貢川訪問看護ステーション 新規入職者紹介

新規入職者 三枝りえ(看護師)(写真左)

8年半貢川訪問看護ステーションで勤務し退職をしました。その後の3年間は訪問看護師以外の看護職に就き、プライベートでも良い出会いや経験がありました。ふと、立ち止まった時に貢川訪問看護ステーションのスタッフの皆さんの顔が浮かび会いに行くと、忙しくても変わらぬ笑顔があり‘’またここに来てもいいんだ‘’と安心しました。
日々変わっていく看護に自分が付いていけていない現実に不安を感じ、もう一度貢川訪問看護ステーションで看護スキルを磨きたいと思いました。
再入職して、スタッフの皆さんの温かいお声がけと、ご指導を頂きながら3年間のブランクを埋めているところです。看護意識の高い職場で日々精進していきたいと思います。

プリセプター 天野ゆかり(看護師)(写真右)

訪問看護師として働きたいと意欲を持ち貢川訪問看護ステーションに就職して頂いたこと大変うれしく思います。研修に真面目に望まれている姿からは、初心を忘れないことの大切さを私自身も学ばせていただきました。貢川訪問看護ステーションの仲間として三枝さんらしさを大切に業務に望んで頂きたいと思います。

 

サテライトぬくもり 新規入職者紹介

新規入職者 池辺磯代(看護師)(写真左)

定年まで急性期の病院で働き、やり切ったとの思いで、再就職は別の仕事につきました。初めは新鮮で興味深かったのですが、次第にもう一度、直接患者さんにケアをしたい気持ちが強くなっていきました。そんな中、現在の職場の方から声をかけていただきました。体力に自信がなく不安でしたが、チャンスと捉え、図々しく週3日でと希望したところ、快く受けてくれました。病院との違いに戸惑うこともありますが、療養者の方にとって、何が一番良いのか、カンファレンスで話し合うことで、病院と何ら変わることはないと感じています。在宅を選んだ方とその家族が良かったと思えるように、寄り添う看護を実践していきたいと思います。

プリセプター 望月佐知子(看護師)(写真右)

高齢化率42%の町で、在宅医療が担う役割は大きいのに、慢性的な人手不足。その中でやっと出会えた、経験豊富な心強い仲間です。地域住民の力になれる看護を提供できるよう、共に成長していきたいと思います。
よろしくお願いします。

 

玄米ハーブカイロを作ろう - 2019.1.25

 ステーションスタッフの日頃のセルフケアの為に、2019年1月25日、勉強会を開催し、玄米、米ぬか、ハーブ、塩を使用したカイロを作りました。
 これは「がんセンター」に勤務されている鍼灸師の先生からご指導頂いたレシピです。玄米の中の水分がレンジで温める事で放出され、蒸気が発生しじんわりと身体の芯から優しく温めるカイロが出来ます。
 今回使用したハーブはミント、柚子、月桂樹、ローズマリーです。ハーブは効能を参考にしながら選択しました。

今回使用したハーブの効能・効果

◉ローズマリー:疲労回復に効果があり、筋肉を柔らかくしてくれます
◉ミント:筋肉の緊張が和らいで頭痛を緩和、胃を健康に保ちます
◉月桂樹:情緒を落ち着かせ疲労回復、利尿、胆汁促進効果
◉柚子:疲労回復、血行改善

1.ローズマリーは乾燥させてから茎と葉を分けます。

2.陳皮、ミントはハサミで細かく刻みましょう。

3.月桂樹はビニール袋に入れて、揉んで細かくしましょう。

レシピを紹介します

材料(カイロ一袋分)

手ぬぐい:材料が入るように、1枚を1/4に折り袋状に縫っておきます
米ぬか:200g
玄米 :200g
塩  :50~100g
唐辛子:1本と輪切り少量
ハーブ各種
※総重量は500g以下になるようにしましょう

1.煎り糠を作ります。米ぬかは、全体に熱が通るように煎りましょう。目安は7分です。

2.頂いたびわの葉は、洗浄し乾燥した後に、温罨法に使用しました。

3.煎り糠200gの熱が冷めてきたら、玄米200g、塩50g、ハーブ各種、輪切りの唐辛子適量を混ぜます。

4.全体が混ざったら、手ぬぐいで作成した袋に詰めます。

5.唐辛子を1本加え袋を縫い閉じます。

6.袋を縫って閉じたら、使用の前にレンジで温めて下さい。目安は1分30秒程度です。

7.カイロとしての持続時間はおよそ30分です。肩、腰、背中、頭、四肢等、気になる部分に乗せ温めましょう。

小豆のカイロも作りました。
小豆のカイロは小豆のみを袋に入れて作ります。温めると小豆の良い香りがしますよ。

素肌、洋服、タオルの上に置いて使用します。
作った直後に看護師が実践しています。

今回使用したローズマリーは、以前訪問させて頂いた患者様のご家族様からのプレゼントです。
御礼に皆で作った玄米ハーブのカイロを差し上げた所、「香りも良く温かくてとても気持ちが良かったです。いつでもハーブを使って下さい。」と仰って頂きました。
ありがとうございました。

トップに
戻る