安全推進委員会よりお知らせ ~医療安全情報~

看護職の皆様へ 2019年01月24日

酸素残量の確認不足(第2報) (2019.1) 

医療安全情報№48「酸素残量の未確認」(2010年11月)で、酸素ボンベ使用中に残量がゼロになったため、患者の呼吸状態に影響があった事例を取り上げました。その後、類似の事例が9件報告されていますので再度情報提供します(集計期間:2010年10月1日~2018年11月30日)。
詳しい情報は、日本医療機能評価機構のホームページ「No.146−酸素残量の確認不足(第2報)」をご覧下さい。

バックナンバー

過去にお知らせした医療安全情報は、『医療安全~安全推進委員会よりお知らせ~』のページをご参照ください。

トップに
戻る