【報告】令和4年度 助産師職能交流集会を開催しました

看護職の皆様へ 2022年08月26日
開催日

令和4年6月28日(火)17:15~19:00

講演テーマ

「産後ウェルビーイングセンターの現状と助産師に期待すること」

講師

山梨大学医学部附属病院 産後ウェルビーイングセンター
センター長 石黒 浩毅

報告

令和4年度の助産師交流集会は、多くの方が参加できるようにリモート開催とし、38名が参加しました。少子高齢化社会は、今般の新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響もうけ、より複雑化し、母子や女性、その家族にも大きく影響をもたらしています。

今回「産後ウェルビーイングセンターの現状と助産師に期待すること」と題して、山梨大学医学部附属病院 産後ウェルビーイングセンター長の石黒浩毅先生にご講演頂きました。産後うつ評価や支援、新型コロナウイルスの影響等について学びました。参加者のアンケートから「産後の自殺者が多いことを考えると産後ケアを担う助産師の責務の重要性を再認識した。」「現行行っているエジンバラの得点の不確実性を統計から知ることができ、安易にとらえないで対象と関わるこが重要であることを理解した」「産後1か月健診だけでなく、1歳までサポートできる体制が必要」「母親たちに一番身近な自分たちが、隠されたサインを見逃さずに支えて行くことが大切であることを改めて感じた」等の回答がありました。助産師職能委員会でも今後の産後健診の在り方や支援について検討していきます。

助産師職能委員会の今年度の活動目標は、①安心・安全な妊娠・分娩・子育てができる環境を整えるために助産師が自立して活動できるように支援を行う。②「県民の健康な生活の実現に貢献する」とし、事業の推進に取り組んでいきます。今後も助産師職能委員会活動にご支援、ご協力をお願いします。


助産師職能委員長あいさつ


リモート研修の様子

トップに
戻る