山梨産業保健総合支援センターよりお知らせです

看護職の皆様へ 2022年09月06日

「治療と仕事の両立支援」を山梨産業保健総合支援センターがサポートします。

がんの診断直後、冷静な判断ができない時期に労働者が仕事の継続をあきらめてしまう前に、職場に両立支援を申し出ることを提案できるのは診察室の看護師の皆さんです。

また、医療機関における両立支援は、職場に医療情報を提供することで、療養・就労両立支援指導料として評価されます。

「治療と仕事の両立支援~産保センターからのお願い~」の動画を掲載いたしますので、ぜひご覧ください。

トップに
戻る