甲府城南病院

平成26年度(4年目)

ワークショップに取り組んだ成果

  1. 中途採用者の就職の動機が「看護職のワークライフバランスに取り組んでいる病院」であるという声が多く採用に至っている。
  2. 「お互いさま」風土の意識が芽生え、それぞれの病棟の特徴とスタッフの背景を考慮した内容を討論して明文化し、働きやすい環境を具体的に実践している。多様性を認め合いながら声かけが多く、定時で帰れるようになってきている。
  3. 有給休暇の取得率が上昇し、長期休みをとれるようになった。
  4. 看護師本来の専門性である「看護ケア」について、本来だれのためのケアなのか原点にもどり、支援体制や看護体制を考えられるようになった。また看護ケアに費やす時間確保のため業務改善に取り組んでベッドサイドに行く時間が増えてきた。
  5. 院外研修への参加希望の支援を得られ、学びを共有する機会が増えた。
  6. 有給や時短勤務など院内の雇用規程を知らない職員がいたがWLBに取り組む事で周知することができた。
  7. 最大の成果は、目標値である看護師採用人数の確保に至り、看護配置基準をクリアできたことで現場に余裕のある環境が生まれたことである。体調不良の時に休みをとりやすくなった。

H26_jonan

ワークショップに取り組んでの感想

ワークショップに参加する前は、毎年看護職員の採用がままならず、苦しい状況が続いておりました。看護師の絶対数が不足している原因を外部環境に求め、内部環境に原因を求めようとせず、効果的な対策を講じることもできませんでした。

ワークショップに参加した初めは迷いがありましたが、インデックス調査票から導き出される病院内の課題、改善策の策定と実施を看護職員全員の参加のもと、強力に推し進めたことにより、看護職員の表情の変化や病院内の空気の変化を肌で感じられるようになりました。この環境を維持していくことが今後の課題です。ワークショップは現状把握及び課題抽出の為のツールとして最適でした。そして最大の成果は、看護師の採用に効果があり、病院の活気を取り戻すことが出来たことだと思います。

その他、気がついた点、他の病院の皆様へのメッセージなど

働きやすい職場にする為に、スタッフ全員が自分達のために問題状況に対して意見を出し合い、取り組み、病棟単位だけでなく、病院全体が一つ一つの問題に対して取り組むことで働き易い職場へ変革してきている。

取り組むことによって仕事に良い影響がでる。とりあえずやってみる。

 

平成25年度(3年目)

3年間取り組んだ成果

スタッフ一人ひとりの思いや考えと、WLBの指標に基づいて調査した結果を真摯に受け止めて丁寧に現状分析を行った。その結果下記について具体的に取り組んだ。

  1. 時間外勤務の削減では適正な超過勤務申請を進める一方で定時就業を奨励した。
  2. 有給休暇の取得率アップのため「自分の希望で3連休以上の有給休暇を年1回取れる仕組みをつくる」ことを進めている。
  3. 看護ケアに時間が取れない状況の改善のため「業務改善報告書」を作成し、計画的に実践している。
  4. 教育プログラムの整備については、個人の経験とやる気と役割に沿った教育プログラムを見える化した。
  5. 院内外へのアピールについては、ホームページの見直し、取り組み内容を広報誌に掲載した。

結果、人員を確保し職員を大切にする組織へ向けて取り組みを継続することで、成果指標の看護職員20名の増員、合計125名を達成することができた。

「ワークもライフもキャリアの1つ」と考え、多様性を大事にお互いに支え合いながら「継続は力なり」で頑張っていきたいと考えている。

P1110385 P1110388

平成24年度(2年目)

ワークショップの感想・成果

事務部長 様

2年目を迎えて課題も明確になり、病院全体で取り組んだ結果が出てきている。ゴールまではまだ距離があるが、現在の取り組みを継続して最終目標を達成し、経営基盤の安定につなげたい。
また、ワークショップに参加することで、他の医療機関の取り組みにも触れることができて刺激を受けた。最終年度を迎えるにあたり、参考とさせていただきたい。

看護部長 様 

一番の成果は、「お互い様」風土をスタッフ自ら考え明文化し実践していることで「お互い様だから」という相手を思いやる意識が芽生え育っていることである。また、それを横のつながりで波及していることである。どんなに忙しくても実践するスタッフが他人事ではなく自分たちの事と心から思い考え「何のために行うのか目的・目標を一致して取り組むこと」が大切である。当院の基盤づくりができたと思う。
働きやすい環境を考える上で、個人や病棟で困ったことや悩んでいることを「ワークライフバランスワーキング委員会」に提案すること、検討サイクルを回すことで、どんな問題でも相談し改善策につながる仕組みが出来たことは現場の支援(安心感)につながっている。

他病院へのメッセージ

事務部長 様

そこで働いているスタッフの生の声を真摯に受け止め、「働きやすい環境」を考え、人員確保・定着のための経営戦略としては、計画的・継続的に問題解決に取り組める良い方策である。同じ指標で院内・院外との比較もできるため、より客観的に評価しながら考えていける。また、院内のつながりも強化でき、他の病院との情報交換により対策も増える。悩んでいるなら参加してみませんか?

WLBの取り組み(H24甲府城南病院) WLBの取り組み(H24甲府城南病院)

 

1年間ワークショップに取り組んで 良かった点・進んだ点

良かった点
    • 看護職員の思いを把握することができた。
    • 一人一人の看護職員が改善に取り組む姿勢を確認できた。
    • 労働環境を把握することができたので、時間外手当の申請や有給休暇の取得について管理職の認識を統一することができた。
    • 2回目のインデックス調査において、目に見えて全体の項目で改善傾向が見られた。
    • 働きやすい環境へ向けて取り組んだ結果が評価され、看護職員それぞれが変化を感じた1年であったように思う。
    • 院外に向けたアピールの手段として、思っていた以上に潜在看護師や看護学生に対する訴求効果があった。
    • 病院長の支援のもとで、事務局のバックアップ体制が最初からあったので、推進事業に参加する上でいつでも相談にのってもらえる安定感があった。
    • 昨年度のインデックス調査の結果を受けて、さらに細かいニーズ調査を行いながら、ひとつ一つ丁寧に院内ワーキングと看護部門会議で検討と情報の共有を行い、問題状況→課題の抽出→改善策など細かく検討した結果が、具体的な目標設定につながった。
    • どこに問題状況があるのか、細かく現状分析するためのアンケート(看護ケア時間、時間外勤務状況、有給休暇取得状況など)の実施は、2年目のインデックス調査の結果を受けて自分たちがこの一年間取り組んだことの成果と原点に戻ることができる指標となった。
    • 現場では、意識的に業務改善に取り組めた(申し送りや記録時間の短縮など)事で仕事のメリハリが出てきた。声かけや協力姿勢が以前より増して良くなった。また、同僚から「取り組みをしてくれてありがとう」と言われ、結果が伴っていることに喜びを感じる。
進んだ点
    • 忙しい現状ではあるが、「お互い様」風土を醸成しながら有給休暇の取得に向けて、看護職だけでなくケアワーカーも一緒に協力し合っている。
    • 自分たちの部署だけで業務改善に取り組む内容も、ワーキングの場を利用して報告し合う事で、病棟間の協力や情報交換を行えた。

12月のフォローアップ・ワークショップへの意気込み

    • 冬に向けて新卒の採用活動を行うので、一定の成果が報告できればいいなと思っている。
    • 病院として医療に誠実に取り組む姿勢が大事です。そのためにはそれを支える職員の成長が欠かせないので、その成長を支える組織づくりを目指します。
    • 一体的な改善策の継続が力となる。新たな問題状況を掘り下げながら改善につなげていきたい。院内ワーキングに積極的に参加してゴールに向けて取り組んでいきたい。
    • 3年を一区切りとすると折り返しです。逆に息切れしないようにあまり意気込まず、ゆっくり確実に取り組んでいくのも良いかもしれません。

他の病院の皆様へのメッセージ

    • この取り組みは、組織のありのままの現状を知り、改善につなげるための手段として極めて有効な事業です。それぞれの病院らしい取り組みを行うことが、必要だと思いました。また、一緒に取り組んでいる病院同士でエールを交換し合う事で、お互いに助けられたり、他の病院も同じような課題に取り組んでいる事を知り、情報を共有しながら絆を深めていきたいと思います。
    • 日本看護協会をはじめ、山梨県・山梨県看護協会、支援者等多くの方々に支えられながら行えたことに感謝しています。
    • 働きやすい職場で活き活きと働き続けていれば、自然と人は集まってくる。それが患者さんにとってもプラスになるので、この取り組みを大変だと思わずに、できるところから「ワークライフバランス」に取り組んでいくことが大切だと思う。

 WLBの取り組み(H24甲府城南病院)  WLBの取り組み(H24甲府城南病院)

 

 

平成23年度(1年目)

 フォローアップ・ワークショップ(2月)の感想

看護部長 様

看護職のWLB推進事業に取り組み、職員一人ひとりの生の声をデータで収集し、時間をかけて読み込み、本質を探り、分析することが出来ました。特に本質を掘り下げることに時間を多くかけて、隠れている気づきや不公平感などに目を向けてきました。これらをすべて払拭することは困難かもしれませんが、解決に向けて丁寧に取り組んで行きたいと思います。
 今回の取り組みで、職員自らの課題を明らかにすることに、主体的に取り組むことが出来ました。今後は、具体策をPDCAサイクルとSDCAサイクルを回しながら取り組んで行きます。

この事業に参加してみて、客観的なデータを共通のものさしで測ることが出来たことが良かったと思います。客観性が高いので、データ分析に温度差が生じることはなく、看護部門だけでなく事務部門の協力も得て、病院全体の意識を変える力にもなると思います。悩んでいるなら、事業に参加して全職員、経営陣も巻き込んで解決していく経営戦略ととらえ取り組んでみましょう。一緒に考え悩むプロセスの中で、基本に立ち戻り組織の在り方や働き方、そして何より自分自身のワークライフバランスを考える機会となります。まずは、そこからです。

事務部長 様

明らかにした課題をあせらないできちんとクリアしていきたいと思います。院長も挨拶で述べていますが、1年間では解決しきれない課題は2・3年計画を持って着実に進めて行きます。
看護職のWLB推進事業の取り組みは、組織全体として体制を整えていくことが大切だと思い努力してきました。看護部門の課題は最終的には組織全体の課題になり、改善は組織そのものの改善につながると確信しています。

看護職員 様

自分たちの働く環境や働き方について考える機会となり、看護職だけでなく、病院全体で取り組んでいることを実感しています。院内の実態調査では、一人一人の看護への思いも沢山感じることができ、これからもそれぞれが「おたがいさま精神」をもって、働きやすい環境をつくっていけるようにして行きたいと思います。

文責 社会経済福祉委員会 横森美佐江

ワークショップ(9月)の感想

ワークショップに参加した理由

医療の質を向上させる努力は続けてきましたが、それだけでなく、風通しの良い病院、働きやすい職場作りが大切だと考え、看護協会から提起されたときに参加を決めました。
看護部や事務部を中心に権限を委譲して任せてみました。
今日、ここで看護部長のプレゼンテーションを聞き改めて自分たちの病院を誇りに思いました。1年後、3年後が楽しみです。病院の経営と職員のWLBは方向性が一致するものであることを確信しました。看護師を増やしてよい医療をめざすこと、働くみんながHAPPYに生活できることをめざし、希望を持って取り組んで行きたいと思います。

事務部門が全面的に支援していることについて

看護部が抱えている課題は切実で、病院全体に大きく影響を与えると認識しています。そういう視点から事務部門が全面的に支援するというのは当然のことですし、病院全体の課題だと思います。今後、計画的に進めて行きたいと思います。

ワークショップにのぞむ今後の意気込み

課題が明確になりました。医療、看護の質を上げるだけではなく、働きやすい職場作りが大切だと思います。フットワークは軽いですから、この課題にむかって取り組んで行きたいと思います。

2日間の感想

病院の課題にどのように取り組もうかと、日々悩んでいました。この取り組みに参加したことで、一人ひとりの職員の生活と仕事での何が困難でどこに課題があるのかが具体的に見えてきて、本当に良かったと思います。人材の確保、定着、育成にかかわる自分自身の課題も明確になってきました。病院長の「やってみなさい」という大きな支えのもと、事務部門の全面的な協力で、この事業を経営戦略と考え課題に取り組んでいきます。(新田看護部長様)

日常の中ではなかなか見えにくいものが、この調査活動やワークショップを通して見え、管理上大変参考になりました。理事長・院長の理解が高く、やりやすい雰囲気があり、完全に任されていることが力強いです。組織としてこの取り組みを全面的にバックアップしたいと考えています。(佐藤事務長様

この取り組みに参加する機会を与えていただきとても良かったと思います。日ごろ感じていることが明確になり、病院あげて看護部門のことを考えてくれていることがわかり、具体的に解決する方向性が示されていることを実感しました。(清水看護師・杉田看護師)

文責 社会経済福祉委員会 横森美佐江

 WLBの取り組み(H23甲府城南病院)  WLBの取り組み(H23甲府城南病院)

 

トップに
戻る