甲州リハビリテーション病院

平成26年度(3年目)

フォローアップ・ワークショップ(2月)の感想

看護部長 様

スタッフの理解できていない部分が明確となり、課題が見えてきて、それぞれアクションをおこしたことでスタッフのモチベーションがあがり、良い結果が得られた。

またWLBにかかわってきたスタッフがチーム一丸となって協力でき、ここまでこれたことは大変よかったと思う。

ワークショップに取り組んだ成果

インデックス調査の結果をもとに独自でのアンケートを継続的に実施したことで、より具体的に状況の把握をすることができました。また取組当初は病院での待遇や制度面に目が行きがちでしたが、3年目になるとどのようにしたら個人個人を高めることができるのか、やりがいを持って仕事をすることができるのか、というような看護の質に対して目が向けられるようになったと感じています。

H26_koushuriha

ワークショップに取り組んでの感想

初年度のインデックス調査結果に衝撃を受け、2年目の結果に更に衝撃を受け、どうなることかと思っていましたが、「魅力ある職場、働きやすい職場は自分達の手で作るのだ」と主体的に考えるきっかけになったと感じています。看護部長を中心に、日常業務を抱えながらの取組みは大変だったとは思いますが、ともすると事務部門だけに任せがちな「組織や制度の運用」に関すること、役職者がその責務を果たす「マネジメント」に関することについて考え議論することは大変意義のあることだと感じました。

その他、気がついた点、他の病院の皆様へのメッセージなど

看護職として、何を大切にして仕事に向かうのかを改めて考えさせていただく機会となりました。労働環境や、待遇、制度面の改善も行いながら、並行してプライドをもって看護職として成長できる職場を自分たちで作りあげることを気づかせていただいた機会となりました。

働くスタッフが「自分の病院」だと意識し、この組織に帰属していることを誇りに思えるように自らが考え取り組むことが大切だと感じています。その情熱が部下や後輩を育てる気持ちになり、上司や先輩と語り合うことに繋がり、課題を一つひとつ解決して、結果的に働きやすい組織へと成長するものだと思っています。

今後益々働く者にとってワークライフバランスは大変重要であり、一人ひとりの事情に配慮できる柔軟な組織運営が求められていることを強く感じています。

社会経済福祉委員会委員より一言

インデックス調査で50%に満たなかった項目について独自のアンケート調査を実施され、丁寧に分析されていた。結果から、経営関連・時間外について・労働環境に視点を向けて具体的に活動する内容を発表され、今後に向けての意気込みを感じた。病院全体でのWLB推進につなげるために、職種を超えて検討する意義や経営陣と現場との距離感を改善する必要性が理解できた。

 

平成25年度(2年目)

2年間取り組んだ感想

インデックス調査の結果を見ることで
  ①現状を客観的に理解することができ
  ②問題が明確になり
  ③問題意識が生まれ
  ④アクションをおこすことにより
  ⑤職員のモチベーションが徐々にあがってきた
このことが大変よかったと思う。

今回の取り組みを振り返り、良い職場、働きがいのある職場づくりは本当に難しいと痛感した。
誰かに作ってもらうのではなく、取り組みを続けていく事で職員全体で作るという認識を大切に、今後も職員全体で努力していきたいと思う。

P1110371 P1110375

平成24年度(1年目)

WLB推進事業に取り組んで

良かったこと

インデックス調査をし、又再度掘り下げ問題点を出したことによって、職員の思いが浮き彫りにされ、問題点が明確になった。明確になったことによって、アクションを起こすことができ改善策を見出すことができた。

今後の意気込み

正規職員・パート職員の中に、“将来につながらない”と感じている人の意見があるため、意見の詳細をまとめて改善策に力を入れていきたい。

他病院へのメッセージ

ワークライフバランスに参加することで、病院に働いている職員の思いがしっかり把握できることに大変意味があり、今後に向けての体制づくりが明確になると思う。また、人材確保に向けての取り組みができ、大変価値あるものであると思う。

WLBの取り組み(H24甲州リハビリテーション病院) WLBの取り組み(H24甲州リハビリテーション病院)

 

インタビュー

ワークショップに参加しての感想

★看護部長 様
自分たちの職場を客観的に見ることでどんな職場なのかを理解を深め、改善の必要な点は人任せでなく自分たちが意欲的に取り組みをしていく必要がある。
また自分たちの職場に誇りが持て自慢できるところを作り上げていくことが大切だと強く感じていた。昨年度、各病院の取り組む様子を見学し、明るく生き生きと検討している様子から特にその思いを強くした。そこで今年度当院も参加し、看護だけでなく病院全体で推進していきたいと思い参加した。
インデックス調査を行い分析することは今まで感覚で問題をとらえていた部分が明確になり、解決策が見えてくること。多方面から見方を変え、その答えを検討する必要があることなど多くのアドバイスを頂き充実した時間を他職種で味わうことができた。

今後は実現可能な小さなことから挑戦を続け、本当にこの職場で働き続けられてよかったと思える職場をみんなで作って行きたい。

★病棟部リハリーダー(作業療法士) 様
看護協会の研修に、初めて参加させていただいたが、各病院の課題を持ち寄って議論する場が設けられていること、また、アドバイザーの先生方や第三者からの意見をもらって視野を拡げられることなど、相互協力の姿勢がすばらしいと感じた。リハ職の研修にも参考にしたい。
ワークショップで実施した、職員の生の声を分析して実態をつかむことは、大変であったが、気づきも多かった。1つの回答でもクロス分析から、階層による違いや特徴が見え、職員の声の背景にあるものを感じ取ることができた。
「こんなふうに捉えている職員が多いのか」と管理者やリーダーの意図とは異なる意見も多く、立場の違いによる捉え方の違いに気づくことができた。これは、同時に「伝達の不足」という新たな課題でもあり、これらに取り組むことで、職員の相互理解を深める必要を感じた。
看護職とリハ職の問題意識の違いを感じる場面があり、職種の特性による物事の捉え方の違いに気づくことができた。現在、病棟部として多職種の連携強化を目指しているが、その中で生じる意見の食い違いの背景に、職種の持つ役割や専門的な物事の見方の違いが影響していることが分かり、今後の意見の調整や統合に役立てると感じた。

ワークライフバランスへの取り組みは、自らの仕事や職場の特性を把握し、自信を誇りをもって楽しく仕事に取り組めることにつながり、これは同時に、生き生きとした人生の組み立てになると感じ、是非深めていきたいと思った。

WLBの取り組み(H23甲州リハビリテーション病院) WLBの取り組み(H23甲州リハビリテーション病院)

トップに
戻る