勝沼病院

平成27年度(3年目)

フォローアップ・ワークショップの感想 

看護部長 様
  • 労働環境の現実がわかり、現状分析の中から改善項目を抽出し、取り組む事が出来た。
  • 当院のもつ役割が理解出来たこと。
  • 施設・設備の工夫や取扱いなどの周知ができたこと。
  • 患者や家族の希望が理解出来たこと。
  • 健康問題にポイントを当て、今までなら実施していなかった体操・エクササイズを取り入れた。
  • 多職種との共働意識が持てた。チームワークが良好に。
事務部長 様

山梨厚生会の人事給与担当(主任職)として参加させていただきました。各種規程や規則(職員の不安を軽減させることができる制度等(介護含む))が思いのほか周知されていなかったことを実感するいい機会となりました。当会には法定外にも職員にとって優遇となる制度(休暇等)が設けられていますので、安心して働いていける様、今後も制度の周知等を図っていきたいと思います。

その他お気づきの点
  • WLBに取り組むことは経営に関連付きます。働く職員が満足し、患者も満足につながることがわかります。
  • 県内の病院の動き、取り組み方が参考になります。
  • インデックス調査で職場のかかえる問題点と解決の道筋が見えます。

H27_katsunuma

三年目になりました

初年度に掲げた3年後のゴールを評価する年度になりました。
インデックス調査を受け、目標にどの位到達したのか、ここで確認することができました。集大成のこの年。3年間をまとめ上げて新たな意味で継続すべきこと、改善すべきことを明確にしていきます。いいとこ探しをすすめます。
支援していただいた先生、又、この会には感謝しています。

平成26年度(2年目)

フォローアップ・ワークショップ(2月)の感想

看護部長 様

2年間ワークショップに取り組んで成果があがったこと

  • ID調査に向かうことで看護師個々がかかえていた見えない悩みや問題が明らかになったこと。
  • 明らかになった問題に対してG組織を立ち上げて、それぞれ解決策を考えたこと
  • WLB WGが院内で承認され、事務長をはじめ他職種も揃って小さな解決策を実施してきたこと
事務部長 様

大きな改革や改変を行わずとも、まずは一人一人がWLBという意識を持つことで働く上での問題点や不安が解消できることもあるのだと実感しました。

その他お気づきの点

参加したことで他施設の取り組みを知り、自院への有効な手段を入手できることは有難いことと思った。

ワークショップに取り組んだ成果

  1. インデックス調査を受けて、その結果を踏まえた中での小さな問題を多角的に捉えることが出来たこと。
  2. 看護以外の職種が看護の課題への取り組みに関心を持ち、協力してくれたこと。又、職員同士が問題を共有したことで同じ目的に向かうことができるようになったこと。
  3. 安心して最後まで、しかも健康を維持しながら働き続けられるための保障づくりには、病院と職員一人一人の力の結集から成立していくことがわかったこと。
  4. 組織が提供してくれるものを有効に運用するということを知ったこと。

H26_katsunuma

ワークショップに取り組んでの感想

ワークショップに取り組んだ結果、看護師さんが何を考えているか少し理解できました。
職場環境については問題のある所は改善できるように努力しているところです。

その他、気がついた点、他の病院の皆様へのメッセージなど

規模が似ている、機能が近い、また理念方針など参考にさせていただいた。内容を知り、心強く感じた。
最近メンタルなどの理由で職場適応が困難になって来た新人も存在する。現場の多忙きわまる中、一旦立ち止まりWLBについて考えていく必要があると思う。

社会経済福祉委員会委員より一言

WLB推進の取り組みを進める中で職員間に「WLB」という言葉が多く聞かれるようになり周知・浸透の様子を確信するようになり患者さん目線に立ったサービスの提供について語り合えるようになった事。また健康で働き続けられる為に、職場の労務規定を理解し労働環境の整備に主体的に取り組むようになった事。さらにインデックス調査から出た数値を多角的に分析ができるようになり深みを増して変化していく様子に拍手を送りたい。

今後の課題解決やゴール達成に向けた取り組みに勢いとエネルギーが感じられ、組織が活性化し生産効率に大きく貢献していることを実感した。

 

平成25年度(1年目)

4ヶ月間取り組んだ感想

当初は「看護職のWLB…」に対して病院組織が理解してくれるかどうかが不安でした。この取り組みの根本にある看護職が元気に働き続けられることが患者に好結果をもたらし、ひいては経営にも…と良い結果に向かう意味を全体で共有できたことが最大の収穫だったと思います。院外から支援してくださった富士吉田の杉本部長様と協会の皆様に感謝です。

ID調査で明らかになった課題は看護師個々の背景を含めた問題解決であり、それが病院全体で取り組んで助け合う風土につながることがわかりました。アクションを起こすごとに形になって変化すると苦しみも忘れ楽しみに変わりました。
又、発表会に参加し他施設の報告を聞くこともたくさんの学びになりました。

H25_WLB_katsunuma1 H25_WLB_katsunuma2

インタビュー

ワークショップに参加した理由

平成24年度にWLBワークショップ支援者として参加しました。各病院の「一体となって職員の皆が働きやすい職場になるような取り組み」は素晴らしいと思い、院長以下職員の賛同も得られ、参加しました。

インデックス調査を受けての感想

自病院の良い点、悪い点が客観的に数字で計られて、わかりやすかった。ここまで分析できたことは変わっていく節目になると思います。

今後への意気込みについて

ゴールを自分達で決めたことで、具体的なアクションプランが敷かれ、実際にやらなければならない気持ちになりました。

ワークショップに参加しての感想

部署が違って、共同作業をしたことのない事務長が楽しそうに参加してくださり、力を貸してくれる言葉が聞かれました。院長は来られませんでしたが、応援の言葉をくれました。2日間、時間をかけてのワークショップは本当に充実して良かったです。

WLBの取り組み(H25勝沼病院)_WLBの取り組み(H25勝沼病院)

トップに
戻る