【報告】「訪問看護普及啓発講演会」を開催しました

県民の皆様へ 2020年01月06日

 11月9日(土)10時から12時、山梨県看護協会看護教育研修センターにおいて、県内の在宅療養を支える医師、保健師、訪問看護師と訪問看護利用者家族をシンポジストにお迎えし、訪問看護普及啓発講演会「まれに入院、ほぼ在宅を支える訪問看護師の技」を開催いたしました。

 医療・介護関係者や県民の皆様合わせて135名が参加し、将来訪問看護師を目指したいという高校生も参加してくれました。

 参加者から、「様々な立場の専門職から具体的な話が聞け、大変わかりやすかった」「在宅で過ごすことが一番幸せなので、訪問看護をぜひ利用したい」との声が聞かれました。

最期まで住み慣れた地域で暮らしていくためにはどうしたらよいかを考える機会となった一日でした。

 

 
トップに
戻る